シンギュラリティ研究所
連続トークイベント

トークイベント一覧

2019年11月16日(土)より開催中の『来るべき世界:科学技術、AIと人間性 The Shape of Things to Come: Technology, AI and the Human』と並行して、最先端社会をめぐる問題点を精査しその解決にむけて探求するシンギュラリティ研究所の研究員とゲストによるトークイベントを青山学院大学 青山キャンパスにて連続開催いたします。いずれも参加無料です。

イベントは事前のお申込みが必要となります。下記のボタンよりお申込みフォームにアクセスして頂きお申込みをお願いいたします。
※当日の状況によりお申込み不要となる場合がございますが、お申込み頂いた方を優先してご案内させていただきます。

11月22日から発表されるトークイベントは下記の通りです。
Googleカレンダーをお持ちの方はページ下部のイベント詳細よりご自身のカレンダーに追加することができます。

日時・場所 タイトル 登壇者
11月22日(金)
18:30~20:00
14号館(総合研究所ビル)12階大会議室  満員御礼
AI時代の「自律性」
[社会情報学会の定例研究会(理論部門)との共催]

▶詳細はこちら
谷口忠大(立命館大学教授)
ドミニク・チェン(早稲田大学准教授)
河島茂生(シンギュラリティ研究所副所長/青山学院女子短期大学現代教養学科准教授)
11月29日(金)
18:30~20:00
17号館17308教室  満員御礼
EUのAI倫理方針

▶詳細はこちら
LENZ,Karl F.(シンギュラリティ研究所研究員/青山学院大学法務研究科教授)
11月30日(土)
11:00~12:30
女子短期大学マルチメディアⅠ教室  満員御礼
実践 機械学習 × ブロックプログラミング

▶詳細はこちら
吉田葵(シンギュラリティ研究所研究員/青山学院大学社会情報学部助教)
11月30日(土)
15:05〜16:35
17号館17311教室  満員御礼
AI × クリエイティビティ

▶詳細はこちら
久保田裕(コンピュータソフトウェア著作権協会専務理事・事務局長)
長尾玲子(日本文藝家協会)
河島茂生(シンギュラリティ研究所副所長/青山学院女子短期大学現代教養学科准教授)
12月6日(金)
18:30~20:00
17号館17308教室
AIと地図 〜なぜGoogleマップのナビゲーションは不完全なのか〜

▶詳細はこちら
古橋大地(シンギュラリティ研究所研究員/青山学院大学地球社会共生学部教授)
12月7日(土)
13:20〜17:00
17号館17310教室
学生企画: 最先端を駆け抜けろ!
招待企業:資生堂ほか
※ライトニングトークあり

▶詳細はこちら
ゲスト講師
久野慶一郎様(資生堂ジャパン株式会社次世代事業開発部デジタルフューチャーグループアシスタントブランドマネージャー)

丸山俊一様(NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサー)
12月13日(金)
18:30~20:00
17号館本多記念国際会議場
AI倫理

▶詳細はこちら
西垣通(東京大学名誉教授)
河島茂生(シンギュラリティ研究所副所長/青山学院女子短期大学現代教養学科准教授)
12月14日(土)
13:20~14:50
17号館17511教室
「知の壁」 ロボットと若者の未来を語る会

▶詳細はこちら
青木俊介(ユカイ工学(株)代表取締役)
三宅 陽一郎(スクウェア・エニックス テクノロジー推進部 リードAIリサーチャー)
齋藤由多加(シンギュラリティ研究所客員研究員/人工知能クリエーター)
12月14日(土)
15:05~16:35
17号館17511教室
近未来の図書館と新しい学びに向けて

▶詳細はこちら
野末俊比古(シンギュラリティ研究所共同所長/青山学院大学教育人間科学部教授・図書館長)ほか

シンギュラリティ研究所『連続トークイベント』詳細

AI時代の「自律性」

「自律性」という言葉は人間の尊厳を支える意味でも使われますし、AIやロボットの特徴としても使われます。『AI時代の「自律性」』(勁草書房、近刊)をもとに、自律性を通して未来を考えます。

開催の様子

▲トップへ戻る

EUのAI倫理方針

2019年4月8日にEUで設置された専門委員会から「AIの倫理方針」が発表されました。その方針の内容を紹介して、特異点との観点から分析します。2019年10月発表原稿「特異点とEUのAI倫理方針」参照。

開催の様子

▲トップへ戻る

実践 機械学習 × ブロックプログラミング

AI時代には、プログラミングが必須のスキルとなります。実際に手を動かして、ブロックプログラミング環境Scratchで、機械学習を体験してみましょう。まだプログラミングに触れたことのない方のご参加を お待ちしております。

開催の様子

▲トップへ戻る

AI × クリエイティビティ

AIと創作の関係は未来を左右します。そもそも情報とは、あるいは創作とは何でしょうか? 創作物を使うルールはいかにあるべきでしょうか? 参考: 『AI × クリエイティビティ』(高陵社書店,近刊)

開催の様子

▲トップへ戻る

AIと地図 〜なぜGoogleマップのナビゲーションは不完全なのか〜

人工衛星やドローンが空を飛び交い、ほぼリアルタイムに地上の様子が見えるようになってきたこの時代に、我々はコンピュータが自動作成する次世代の地図とどう付き合っていけばよいのか、その裏側の世界をシェアします。

▲トップへ戻る

学生企画: 最先端を駆け抜けろ!

学生たちは、彼ら/彼女らの目線で未来を見つめています。企業の方を招いてAIサービスの戦略を聞いたり、学生たちが日頃考えていることを発表します。未来に活躍する学生たちの声を聞きにきてください。

  • 13時20分~14時20分 学生7名によるライトニング・トーク
  • 14時20分~15時15分 IoTを使った肌マネジメントビジネス(ゲスト講師: 久野慶一郎様(資生堂ジャパン株式会社次世代事業開発部デジタルフューチャーグループアシスタントブランドマネージャー))
  • (休憩15分)
  • 15時30分~16時30分 「AIが欲望する時」(ゲスト講師: 丸山俊一様(NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサー))

▲トップへ戻る

AI倫理

AIが大きな社会的影響を及ぼしはじめています。私たちは,そうした社会のなかでの倫理をいかに考えていけばよいのでしょう。『AI倫理』(中公新書ラクレ、2019)をもとに語り合います。

▲トップへ戻る

「知の壁」 ロボットと若者の未来を語る会

産学共同プロジェクトであるアースブックプロジェクトは、地球儀型のデジタルインターフェースを用いた次世代図書館の蔵書検索システムのプロトタイプを開発中です。開発の模様について、最先端のAIの話を交えながら報告します。

▲トップへ戻る

近未来の図書館と新しい学びに向けて

“アクティブラーニング”に象徴されるように学びが変わろうとしています。どのように変わってくのか、学びを支える図書館には何ができるのか。皆さんと一緒に考えていきます。

▲トップへ戻る

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京